新しい弓の毛があまりゆるまない

新しい弓の毛があまりゆるまないことに気づきました。これまで一本無二の弓で弾いていましたが、2本目を買ったことで、いろいろ(長さ以外でも)弓の違いに気づくようになりました。

最初の弓はスクリューを緩めるとすぐに馬さんの毛がだらんとして、ばさばさっという感じまでほずれたのですが、新しい弓の方はそこまでゆるまないです。

スクリューをさらに回していくとネジの金属部が見えてきて、スクリュー自体がとれちゃいそうなので、コワくてそれ以上回せないです。

馬の毛はあまりたるんでない感じなのですが、これ以上ゆるまいのでやむをえないのかな?

関連記事

コメント

No title

mylifewithviolinさん、こんにちは。

弓の毛がゆるまないのは、毛が短めだからではないでしょうか?
(というか、長めの弓のようなので、その弓の長さに対して短めといった方がいいでしょうか)

弓の毛も、長めとか短めとかいろいろあるらしくて、私の場合は、今度毛替えをするときはもう少し短めに張ってもらったほうがいいですよー、と先生に教わりましたよ(*^^*)

Re: No title

momoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
なんだかナットクのひとことでございます!(^o^)bなるほどなのですね。
たしかに弓の長さに対してお馬さんの毛の長さのソウタイテキな関係ということがあるわけですね。
以前の弓は短めだったのでお馬さんの毛の長さに十分余裕があったかもということは納得です。
迷える子羊への一言ありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する