バイオリンの弓の長さが違うことに気づく

今日は鏡の前でボーイングのストロークをチェックしようと自宅でサイレントバイオリンを弾いておりました。弓はまだドイツ中古バイオリンといっしょに買ったのを使っておりました。とりあえず、今晩カラオケボックスへ行ったときに松脂縫ってアコースティックバイオリンでちょっと弾いてみようということで...

サイレントバイオリンをケースにしまう際に、弓はアコースティックバイオリンの方のケースにしまい、新しいArchetの弓も同じケースに入れようとしましたところ、2つの弓の長さがだいぶ違うことに気づきました。

Archetのサルトリータイプの弓の方が、買ったときのバイオリンについてきたペカットタイプの弓より5センチくらい長いです。といいますか、ペカットタイプの弓のがそれくらい短いようです。バイオリンケースの収まり具合から推察するに、新しく買った弓がふつうの長さで、いままで使っていた弓がちょっと短いやつだったようです。

長さを測ってみましたところ、新しい弓は740mmでいつもの弓は690mmくらいでした。3/4弓が680mmくらいですので、いままでは3/4弓状態で弾いていたんですね。

バイオリン本体はヨゼフ・ロレンツの1201Aという4/4モデルなのですが、弓はケースといっしょについてきたもので、いままので弓の長さとか気にしたことなかったので、ちょっとびっくりいたしました。



日課の方はAよりのA#が多いです。リトライしたり調整したりするとAには入っていきます。ヤマハチューナーの針での測定ではまだ数ヘルツ外した状態で息絶えてしまいます。Aの音高を覚えるのが目的ですので、ロングトーンでハイトーンとなるAの声だしも、頭出しから完全に合わせられなくても合わせこむことで音を覚えていくような気もしますので、2月も続行いたします。





関連記事

コメント

こんばんは!!
弓の長さって、ばらつきがあるものだったんですね。
知りませんでした!!

長いのと短いのと弾いてて、何か違いはありますか??
やっぱりその人の体型や弾き方にもよるんでしょうか。

こんにちは♪

弓の長さって、けっこう違いますよね。

私の弓は長めで、
細くて透き通っててキラキラな音が出ます(*´∇`*)

複数の弓を持っていると、曲によって
違う弓で弾けるので、便利ですよね~

Re: タイトルなし

オッティさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
わたしにとっても短い方が唯一無二の弓さんでしたので、違いはまだよくわかっていません。
ロングトーンは長い方が有利な気がしますが、軌道を安定させるのは短い方が有利な気がします。
(あくまでそんな気がするだけです。)
なんかこれまでの弾き方に影響あるかちょっと心配なので、こんどのレッスンで先生に聞いてみます。

Re: こんにちは♪

弥恵子先生、こんばんは!
コメントありがとうございます。そうなんですねー。上手になれたら弓の長さの違いでちょっと違った音色を奏でられるとよいです。古澤巌さんとか、あえてチェロ用の弓で弾かれている方もいらっしゃるのですよね。
わたしのかってなイメージですが、バイオリンを弾く女性がいちばん美しくて、とくにすらりとした腕で細長い弓をちょっとふりあげたときとか、流れるような腕と弓の動きはとってもビューティフルです。男性が持つとそんなに長くは見えないので、やっぱり女性のがバイオリンは似合う気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する