初めての新品弓(サルトリー)

先日、ついにサイレントバイオリン用の弓を購入いたしました。いろいろ迷ったあげく、Archetの一番安いエントリモデルで、サルトリータイプのものといたしました。

わたしのアコースティックバイオリンはドイツ製の中古なのですが、弓はどうやらペカットタイプというのみたいでしたので、2本目はサルトリータイプのにしてみました。

カーボン弓か木の弓か迷ったあげく、木の弓に決めた後、ペカット型とサルトリー型の2種類あることを知って、自分のはどっちだったんだろーと判定の仕方を下記のユーチューブの動画でチェックいたしました。さて、みなさんの弓はどっちのタイプでしたでしょうか!?

お恥ずかしながら、新品の弓はこれが初めて。最初、どのくらい松脂を塗ったものかよくわからない状態でございます。というわけで、まだ箱に入ったままでいます。

ヴァイオリン・弓・販売・Sartory(サルトリー)型とPeccatte(ペカット)型の違い・横浜・東京・名古屋・大阪 - Youtube
関連記事

コメント

No title

弓は、新品の場合や毛替えをした場合は、かなりゴシゴシ、しつこく松脂を塗らないと音が出ないと思います。
とはいっても度合いが難しいと思うので、先生に教えていただくのがきっと一番いいですね(*^^*)

私はいま、ARCHETの缶入りの松脂というのが気になっています。
オケのお仲間の方(上手な方です)が、これは違う!とおっしゃっていたので・・・

Re: No title

momoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。そうなんですねー!?やっぱりかなり塗らないと音でないんですね。先生に診てもらった方が安心ですよね。
あいにく次回のレッスンが来週の土曜でございまして、それまで箱の中入れっぱなしというわけにもいきませんので、とりあえず今度の土日にアコースティックバイオリンを鳴らすときに、新しい弓といつもの弓とで弾き比べながら塗り具合を推し量ってみます。
ARCHETの缶入りの松脂とかあるんですね。気になります〰。

こんばんは

新しい弓、どんな音か楽しみですね。
松脂の塗り方は、先生や工房の方によってそれぞれ
いろいろな方法があるようで皆違います。
少しずつこすりながらというのもあれば、さーっと往復させる
というのもあって、松脂の種類や気候や天候によっても
変えたほうがいいとか、必要ないとか。
新品の弓や、毛替えをしたばかりの弓は、松脂を少しやすりで
こすって、その粉を塗り込むようにとおっしゃていた職人さんも
いました。

Re: こんばんは

violin*さん、こんばんは!
コメントありがとうございます。なんと、松脂の塗り方っていろいろあるんですね。まったく知りませんでした。知らなさついでに、最近までわたし、バイオリンした後にしまう際、弓の毛の部分を少し拭ってしまっていました。なにかの本を読み返していて、毛は拭わなくてよいですと書いてあってあせりました(笑)。
新しい弓ほんと楽しみです。弓によって音が変わるのか、変わっていても違いが聴きとれるかとか、不安と楽しみ五分五分です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する