コールユーブンゲン(全曲版)届きました

先日アマゾンで発注しましたコールユーブンゲン(全曲版 音楽之友社)今日届いていました。サイズはほぼふつうの楽譜と同じ大きさですが若干小さく、五線譜もけっこう小さい行間でびっちり音符が並んでいる感じですが見やすくてよかったです。

覚悟を決めて一年くらいはみっちりやろうと思いますが、毎日どこで歌う時間をつくるかが問題です。ただ歌うのは手を使わないので隙間時間はつくりやすいかもしれません。

アマゾンでコールユーブンゲンを検索しておりましたら、お手本歌唱のCDが固定ド唱法と移動ド唱法で売っているようでした。やっぱりかなり一般的なんですね。もしかして、ヤマハのMIDIデータショップでも売ってないかチェックしてみましたが、さすがにMIDIデータでは売っていないようでした。(ローランドの方は未チェックです。)

スズキ教本のMIDIデータも販売はされていないのですが、親切な方が打ち込んでいただいているということはありましたので、データショップに限定せず、コールユーブンゲンとMIDIで検索しますと、やっぱり親切な方がMIDIデータを公開されているようでした。

芸術的なお手本としては音楽家の方が歌ったCD音源のがよいかと思いますが、わたし的にはDAW(デジタルオーディオワークステーション)ソフトのスコアロールやピアノロールで音符や音程ピッチを見ながら聴いたり、カラオケソフトでピッチ判定してもらいながら歌えるので、MIDIデータがあると助かります。

ほんとになければ自分でつくらなければならないところですが、すでに作っていただいているものがあるのであれば、そちらを利用させていただきたく存じます。

フロントヴィジョンさんのVoiTrainer(ヴォイトレーナー)にサイレントバイオリンのサウンド出力を入力して、音程ピッチのずれをチェックしながら録音する検証課題は近日行えますが、そのまえに、素直にこのソフトを使うとしたら、コールユーブンゲンのMIDIデータを使わせていただき、ピッチを確認しながら自分の歌声をチェックするのがよいかと思います。

voitrainer

こちらのソフトは先日購入いたしております。


ここ数日の朝の第一声ですが、2日くらいBまでアガッてしまって、そのあと数日A#という感じです。声を出すというのはけっこう難しくて、立ち上がりからAに入れるのは難しいので最初はVT-12の裏面を表にしておき、自分の声を出し始めてAにキャリブレーションできたと思った時点で、VT-12の表側はこっちに向けて判定してみることといたします。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する