兵庫芸術文化センター管弦楽団の外国女性ヴァイオリニスト モニーク・ラピンスさん

今日のテレビ朝日系の「題名のない音楽会」でも先週に引き続き、兵庫芸術文化センター管弦楽団が出演していました。演奏中のシーンでは第1ヴァイオリン奏者のみなさまも映し出されていましたが、先週気になっておりました外国女性ヴァイオリニストの方も映っていました。

前回の記事でどこの国のひとかなーと気にしておりましたら、いつも訪問させていただいております「オトナヴァイオリン」ブログのmomoさんよりコメントいただいて、モニーク・ラピンスさんのインタビュー記事のリンクの情報をいただきました。

リンクの英文記事をネットで機械翻訳して拝読した感じ、モニーク・ラピンスさんはオーストラリアのオーストラリア国立アカデミー(ANAM)に進学とありますので、たぶんオーストラリア女性。ヴァイオリンをはじめられたのは鈴木メソッドでだそうですので、もしかしたら日本のことをちょっと気にしていただいていたのかもしれませんね

兵庫芸術文化センター管弦楽団の公式HPの楽団員紹介ページでは詳しいプロファイルへのリンクはなく、お名前しか掲載がありませんが、「題名のない音楽会」を見逃された方はぜひ、Youtubeで彼女のソロ演奏のご様子をご覧ください。

Monique Lapins & Joris Van Den Berg - London Master Classes 2011 Student Concert - Friday 8th July - YouTube


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する