FC2ブログ

しばらくはベートーヴェンの「エリーゼのために」とロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロの2本立てで、レパートリーの品質をあげていきたいの続きとこれも中断

mylifewithviolin

2021-03-28
ずっとピアノが好きでした
0 COMMENTS
だいぶ前に「ベートーヴェンの「エリーゼのために」昨年の10月くらいまでには復活」という記事で、「しばらくはこのベートーヴェンの「エリーゼのために」とロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロの2本立てで、レパートリーの品質をあげていきたいです。」と書いてから早うん年。


実際のところ、記事投稿は2018年4月28日のようですから、ほんと後1か月もすればまる3年たってしまうことになります。

このころはロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロを弾きこんでいて、PTNA(ピティナ)のステップに参加してみたりしていたようです。

その後、いったんベートーヴェンの「エリーゼのために」とロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロもほとんど弾く余裕を失い、「Let It Go」はほぼ完全に忘れ、「エリーゼのために」は中盤と後半のフレーズがほとんど弾けなくなる状態に陥りました。

しかし、この1か月間は、月刊ピアノ2019年4月号付録のベートーヴェンバイオリンソナタ5番「春」第1楽章のピアノソロ版を1年近く弾き込んできたので、少し余裕ありと錯覚してしまい(その結果は前々回のピアノレッスンに現れる)、ピアノの練習時間の中で、ベートーヴェンの「エリーゼのために」とロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロを復活させるべく、これらの2曲も弾き始めておりました。


結果、ベートーヴェンの「エリーゼのために」は復活、ロペス夫妻の「Let It Go」ヤマハ編中級ソロもかなり復活(かろうじて最後まで完奏するところまで)たどりつきました。

しかし、ちょっと先週以降は「春」第1楽章(ピアノソロ)に再集中をかけていますので、また弾かなくなりました。


にほんブログ村のクラシックブログ ヴァイオリンに参加しています。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
気に入った記事がありましたらこのバナーをクリックして応援お願いします。にほんブログ村サイトに移動します。


関連記事

Comments 0

There are no comments yet.