サイレントバイオリン付属のカーボン弓を単体で買おうとしましたら

浜松市のヤマハさんは3日の日、あいにくまだ年始休業中でしたので、昨日(4日)地元のヤマハさんへ足を運んで、サイレントバイオリン付属のカーボン弓を単体で買おうとしましたら...

置いてないような感じでした。バイオリンコーナーに置いてある弓はカーボン弓でも最低5万円からのお値段でございました。わたし的に気後れしてしまって聞くのも怖くて、展示品にないことをもって購入を断念いたしました。

サイレントバイオリン用の弓は基本、アコースティック用の弓で弾くことができます。わたしめはサイレントバイオリンの高い方(軽い方=SV150)を予算の都合で本体だけで買っておりましたので、弓は中古のドイツ製のアコースティックについてきたやつでサイレントも弾いておりました。

今回別に買おうとした思惑は、深夜に練習しようとしたとき、アコースティックバイオリンのケースを開いて弓を取り出して、サイレントバイオリンのケースを開いてバイオリンと肩当てを別々にとりだすのがめんどうというものぐさな動機でございます。(すみませんでした。)

肩当ては最初のKUNのやつがおさがりでサイレントバイオリン専用となっておりまして、松脂もアコとは別に、(同じメーカーのを)サイレントのケースに入れておりますので、あとは弓も別になれば、サイレントバイオリンのケースをあけるだけで練習が開始できるという段取りでございます。(チューナーもヤマハのTDM-75を持ち歩いておりますので、これもケースから出す必要はなくなっております。アコ用にはAshtonのTM300というクロマチックでないやつをケースに入れて忘れないようにしております。)

本体だけの価格と、最近は弓とのセットモデルというのもあるみたいで(ケースなし)、それらの価格差からすると3万円はするみたいなので、もう少し安い弓を通販で買うことといたします。本日は練習の後、弓をサイレントバイオリンのケースに入れておきましたので、レッスンまでの間はその状態でいきます。レッスンに弓を忘れてしまうのがちょっとコワいです。



本日(暦的には昨日)の日課(朝いちばんの第一声)は

G#

でした。Aの半音前後をうろうろする感じがしばらく(あるいは生涯)続くのかもしれません(涙)。
関連記事

コメント

No title

なるほど、そういうことだったんですね!たしかに別のケースを開けて…というのはちょっと面倒ですよね(´・ω・`)
私の弓も今使っているのは1万5千円くらいの安い弓ですよ~。
(弓の名工さんに、先生の紹介で8万円くらいにしてあげるから買
う?と良い弓を紹介してもらったのですが(多分とてもお値打ちなのでしょうけど)、今の私にはとても手が出ませんでした…)
ちょうどよい弓が手に入るといいですね(^^♪

No title

クライスラーミュージックというところで、1万円くらいのカーボン弓を売っています。
6万円くらいのもあるようですが。
私が買った時は、1万円くらいのカーボン弓しかありませんでしたが、今は種類も増えたようです。

Re: No title

momoさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!
そうなんです、けっこうめんどいんです。とりあえず今日もサイレントのケース内に弓がありましたので楽でした。レッスン前か深夜カラオケに行く前は要注意です。
わたしもmomoさんがお持ちくらいので見つかるとよいです。

Re: No title

ちさこさん、こんばんは!
弊ブログへのコメントありがとうございます!
また、情報提供ありがとうございます。
さっそくアマゾンで検索しましたところ、カーボン弓がいくつかヒットいたしました。
アマゾンのクライスラーミュージックさんの商品説明や、ユーザーコメントを拝見すると
カーボン弓ってちょっと特徴があるみたいですね。
最近はカーボンバイオリンというのも売っていてちょっとびっくりです。(こちらは40万円からという
感じなのでちょっと手は出ないですけど興味はございます。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する