FC2ブログ

ベートーヴェンピアノソナタ第8番「悲愴」 Op.13 ハ短調 第1楽章攻略計画は4月発表会までは中断

mylifewithviolin

2021-03-28
ずっとピアノが好きでした
0 COMMENTS
ベートーヴェンピアノソナタ第8番「悲愴」 Op.13 ハ短調 第1楽章攻略計画始動の続きです。今回は「4月発表会までは中断」のお話。

ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章ベートーヴェン01

ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章ベートーヴェン02

ベートーヴェン集 1 新版 (1) (世界音楽全集ピアノ篇) 井口 基成 (著) ピアノソナタ第8番「悲愴」第1楽章より引用

前々回のピアノレッスンまでは、練習の際に引用譜の右手パートも少し譜読みしだして、まったり両手で弾いてみたりしていたのですが、前々回のピアノレッスンの際に、本来の課題の月刊ピアノ2019年4月号付録のベートーヴェンバイオリンソナタ5番「春」第1楽章のピアノソロ版のチェックで、だいぶしどろもどろなところが出てしまって、その原因を振り返ってみますと、「悲愴」第1楽章の一部の音型と「春」第1楽章(ピアノソロ)の一部の小節の音型を勘違いしてしまっている状態を自覚しました。

そこで、前回のピアノレッスンまでは、「悲愴」第1楽章の練習はお預けにして、「春」第1楽章(ピアノソロ)だけを弾くことに切り替えました。

ピアノ自体を弾いている時間に大差はないのですが、少し甘い想定となって「春」第1楽章(ピアノソロ)を弾き込む時間は絶対的に少なくなっていて、すこしうろ覚えなところが出てきてしまったのでした。

指がある程度覚えているわけですが、ちょっとしたミスタッチが起きると次のモーションに移れなくなるとか。

発表会も数週間後に迫ってきている中で生じた事態ですが、いまいちど「春」第1楽章(ピアノソロ)に集中していくこととして、先生のご指導によるちゃんと階名唱しながら弾くことと、「春」第1楽章(ピアノソロ)の最後の小節から1小節づつさかのぼって弾き始めるを行いました。

という感じで、前回のピアノレッスンでは若干回復。




ベートーヴェン集 1 新版 (1) (世界音楽全集ピアノ篇) 井口 基成 (著)
画像をクリックするとアマゾンサイトへ移動します。



にほんブログ村のクラシックブログ ヴァイオリンに参加しています。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村
気に入った記事がありましたらこのバナーをクリックして応援お願いします。にほんブログ村サイトに移動します。




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.