サイレントバイオリンのG線を張り替える - 初めての弦張替え

サイレントバイオリンはけっこううるさいと思っていて自宅で音を出すのをためらっていたわけですが、アコースティックバイオリンを左耳の近くで鳴らすことに慣れてしまうと、けっこう音小さいじゃんと思えてきて、ついに放置状態を解消かと思ったところ、(ペグのまわしすぎで)G線をぶっち切ってしまっていました。

てなわけで先日のお休みのとき、ヤマハのお店のバイオリンコーナーへ行ってG線を購入してまいりました。


実は4つの弦はスズキの安い線ですべてバックアップしていたのですが、ヤマハのお店のバイオリンコーナーの雰囲気に気圧されて、いい大人が弦をけちって800円とかでいいのかと、見栄をはって2000円くらいの弦を買ってしまいました。

サイレントバイオリンはまだよくわからないので、とりあえずアコースティックのバックアップ弦をサイレントバイオリンにつけてみることにしました。

やってみると、針の穴に糸をとおすよりずっと簡単でした。

弦のさきっちょが他の弦にさわるのはまずいので、そこを気をつけて、本に書いてある雰囲気で変な風に斜めにならないようにいたしました。

G線を鳴らす曲ってまだやっていないのですが、音階の練習には使うかなという感じ。
サイレントバイオリンはこんな感じでアベイラブルとはなっているのですが、この弦を張り替えたときにちょっと鳴らしたくらいで、その後の平日ではやっぱり放置状態となっています。

ひとりカラオケバイオリンのネックは鏡がないことなので、自宅では大きな姿見の鏡を買ってありますので、その前でやることが最大のメリット。とりあえずは平日深夜にこだわらず、自宅にいるときサイレントバイオリンで練習してみたいと思います。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する