Music Studio Producer(MSP)でYAMAHA NP-31をMIDIキーボードとして音が出せない譜面入れられない

すみません、バイオリンブログの内容からはほど遠く、教えて知恵袋サイトの見出しみたいな記事となってしまっておりますが、まじ困っております。DAWに凝る意図はまったくなく、ソルフェージュ環境のようなものを構成するために、YAMAHAの76鍵盤キーボードのNP-31を衝動買いしていたのですが...
(ちょっと変なパソコン関連の記事になっておりますので、読み苦しいときは読み飛ばしスルーしてください。)

このYAMAHAの76鍵盤キーボードのNP-31の特徴はなんといってもピアノっぽいボックスタイプの鍵盤(重さは軽量化のためフカフカはやむなしで、あくまで見た感じピアノっぽいのがわたし的ポイント)とピアノっぽい赤いビロード生地のストライプ、つまり、見た目がとってもシンプルなピアノっぽい感じで、シンセ機能ありのキーボードとは一線を画したところがお気に入りなのでございました。(くりかえしになりますが、あくまでピアノっぽいのは見た目で、キータッチはピアノではありません。タッチの強弱による音の変化はいちおう付きます。)

これで2万円台後半という価格ですので、多くを求めるのは酷というもので、昔むかし、わたしが初めて買った楽器がローランドの電子ピアノで同じく76鍵盤で20万円弱はしたような気がしますので(ただし、いちおう木製のスタンドとべダルはついていましたので、いまでいうと7万円くらいのモデルに相当しているかとも思われます。)、こんなちゃんとした電子鍵盤楽器がこの価格で買えてしまうのが驚きではありました。


このYAMAHAの76鍵盤キーボードのNP-31の特徴で、見た感じがピアノっぽい点以外でわたしが注目しておりましたのは、MIDI端子がしっかりついているということでした。

そこでお店で取り寄せをお願いした際に、MIDI端子のないパソコンに接続するためのUSBコンバーターUX-16もいっしょに注文していたのでした。(こちらは実際には店頭にも在庫はあったのですが)
   

で、まあ、年末のお休みはいったらフリーソフトのMIDIシーケンサー(いま風にはDAW)を入れてさくっと接続して、例によって大人の音感トレーニング本で、CD音源に対応していない課題譜面を入力して、練習に使おうかなとか、甘く考えていた次第でございます。

YAMAHAのサイトからUSB-MIDIインターフェースのドライバはすぐにダウンロードできたのですが、DAWソフトの選定にとまどり、最初はオープンソースの世界樹とかのダウンロードを試みていたのですが、Souceforge.jpからダウンロードが断裂して中断しまくりという状況で、数日それで無駄にしておりました。世界樹のダウンロードは結局断念いたしまして、

有償のDAWソフトは高いので、他に調べてみました結果、本日のお題のMusic Studio Producer(無償版 以下MSPと言います)にたどりつきまして、こちらのダウンロードとインストールは昨日あたりに無事に完了していたところでございます。

そして、わたしのパソコンNEC LavieZにいよいよYAMAHAのNP-31をUSB-MIDIインターフェースUX-16で接続いたしまして、(MIDIのINとOUTをMIDI端子側で判別するのが困難でしたので、コンバータ側のINの表記からケーブルをたどってIN側に赤マジックでしるしをつけましたので、IN OUTが逆ということはのちのトラブルには関係はないかと思いますが)

ドライバをインストールして、MSPのMIDI環境設定で、YAMAHA UX16が認識されているを確認し、INとOUTにYAMAHA UX16を設定して、サンプル楽譜をMSPで再生してみましたが、YAMAHA NP-31はうんともすんとも言わない状態でございました。(MIDI OUTをマイクロソフト標準のサウンドドライバに変更すればパソコンから音は鳴ります。)

MSP側のトラックをレコーディング状態としてYAMAHA NP-31の鍵盤を押してみますが、スコアロールにはまった音符が出現せず、(この場合はMSPが)うんともすんとも動かない状態です。(入力ソースをステップ入力のソフトピアノ鍵盤にすれば、譜面入力はできます。)

念のためDominoというピアノロールのユーザーインターフェースしかないフリーソフトをインストールしてみたのですが、YAMAHA UX16は認識されるのですが、YAMAHA NP-31から音を鳴らすことはできませんでした。(こちらのソフトはMIDIキーボードからのリアルタイム入力に対応しているか不明でしたので、MIDIアウトで鳴るか鳴らないかのチェック用にやってみただけです。)

コンピュータのデバイスマネージャから見ますとYAMAHA UX16は正常に動作となっていますので、USB-MIDIインターフェースは正常に動作しているものと思われます。

YAMAHA NP-31の既定のMIDI送信チャネルは1で受信は全チャンネルアクティブとのことですので、チャンネル違いでうまく動いていないということもなさそうです。

MSPでサンプル譜面を再生しておりますと、YAMAHA UX16のコントローラボックスの緑のLEDがぴかぴか点滅しているので、データの送信もしているっぽい感じはあります。

まさかのこの状態での年末終了で年越えとなってしまうのかもしれません。ちょっと悲しいです。
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する